<< 疲労を披露して、なお疲労 | main | 【15年以上20年未満】と 【1ヶ月以上2ヶ月未満】に >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

あ、どうも。小林です。

そうさ100%勇気、もう頑張るしかないさ。
そうさ100%勇気、もうやりきるしかないさ。

これは昨日のこと。
僕の父親、子供から見ればおじいちゃんに買ってもらった
新しい自転車に乗りながら、うちの子供が歌を歌っている。

僕が小学校の頃、全盛期だった光GENJIの歌。
「パパが子供の頃の歌、よく知ってるね」と言ったら、
「これね、テレビの忍たま乱太郎の歌なんだ」と教えてくれた。

その歌の意味を知ってなのか、タイミングのいい選曲だ。
というのも、この新しい自転車、大きさは22インチ。
5歳の子供が乗るには少々、いや、かなり大きい。

今まで乗っていた16インチの自転車が小さくなったので、
先週、買いに行ったのだが「長く乗れる」を基準に選んだら22インチになった。

そして昨日が練習初日。
家の前で練習しようと思ったら、止まっている時のつま先立ちのところが
ふらふらするだけで、走り出したらスイスイ進む。

それならば、というわけで練習プランを変更して、近くの川沿いをサイクリング。
16インチと違って、22インチは少しこぐだけでスピードが出る。
追いかける僕は息が切れるほどだ。

子供は、自分がこんなにスピードを出せるってことに、
最初は緊張した表情だったが、10分もするとコツをつかんできたようで、
鼻歌交じりに「勇気100%」を歌いだしたのだ。

頑張るしかないさ。
やりきるしかないさ。

そう歌う子供に、何だが勇気づけられたサイクリング。
(僕はジョギングだったが…)

「いい歌だね」と言いながらも、
サビを中心に40%ぐらいの歌詞しかわからなかった僕らは
その帰り道、川沿いを逸れてTSUTAYAに寄って帰ったのだった。

そして今朝、嫁と子供が勇気100%を歌いながら、朝食の準備をしていた。


さて、話を昨日に戻そう。
そのサイクリングに限らず、昨日も楽しい土曜日となった。

日も傾き、冷え込んできた18:00。
僕は冷たい手をこすりながら、地元の居酒屋のドアを開けた。

「あ、どうも。小林です」。

そう言って挨拶をした相手は、年齢も雰囲気も様々な男性7名。
昨日は子供が通う保育園のパパたちの飲み会が、初めて開かれた。

その「初めて」が行われたきっかけというのが面白く、
実はママたちが定期的に飲み会を行っていることにジェラシーを感じたあるパパが、
「パパたちもやる!」と奮起、各子供のママを通じてパパにお呼びがかかったのだ。

その「お呼び」のメールが嫁から転送されてきたとき、
保育園の送り迎えを月1程度しかしていない僕は「知ってるがいない」という理由で
断るメールを送るつもりでいた。

しかし、2〜3日メールの返信を放置していた間に、
最近の「動けば何かある」という考えが疼き、
結局、「行きます」と返事をしたのだった。

そして集まったのは、23人のパパのうち8人。共通点は性別と5歳の子供がいるだけ。
年齢なんか、僕が一番年齢が下で、一番上のパパとは18も違った。

よく送り迎えをするパパ同士は顔と名前が一致するようだが、
それでも、こうして挨拶以上の話をするのは初めてみたいだし、
一体どんな展開になるのかと、その場の誰もが思っていたに違いない。
(それ以上に、ママたちが「どんな会になるのか」と心配していたようだ)

そんな、行先不明のミステリーツアーのようなパパによる飲み会は、
気がつけば場所を変えて二次会に突入。本当に面白かった。

仕事のこと、趣味のこと。
どんなに飲んでも歩いて帰れる、というのが酒と話を進めた。

趣味で「お!」っと思ったのが、
僕の好きな西武ライオンズの元応援団をしていたパパがいたこと。
5年くらい前まで、外野席で太鼓を叩いていたそうだ。

しかも、今やライオンズの顔とも言える中島選手をはじめ、
アメリカで活躍中の松井稼頭央選手など、西武の選手と交流もあると言う。
初対面ながら、ライオンズの話題で盛り上がる。楽しい場があった。


そして、肝心な子供のこと。
「小林さんのお子さん、急に変わりましたよね」
よく送り迎えをしているというパパから、こんなことを言われた。

詳しく聞いてみると、最近、うちの子供は
送り迎えをする他の子供のパパやママにいろんな話をしたり、
自分よりも年下のクラスの子供の面倒をよく見るようになったりと、
その存在が際立ち始めたらしい。

そんな話をしていると、その場にいた他のパパからも
「最近、うちの子が小林さんのお子さんの話をよくする」
「最近、うちの子は小林さんのお子さんの影響で熱中して絵を描くようになった」
「最近、小林さんのお子さんに作ってもらった工作を自慢している」
と言われた。保育園の生活をなかなか見る機会のない僕にとって新鮮な意見だった。

みんなが口をそろえて「最近」と言うが、それはいつ頃か。
質問してみると、半年くらい前からだと言う。

半年前、それはちょうど僕自身が、いろんなことを始めた時期と一致する。
子供にも僕が何をしているか見えるようにしていたし、子供への接し方自体も変えた。

僕の積極性と比例したように、子供の積極性も比例しているような気がする。

最初は、行くつもりがなかった飲み会が、こんなに嬉しい飲み会になるとは…。
そして、今夜も飲み会。mixi上で再会した友達と15年ぶりに会う。
今日も、面白くなりそうだ。

小林もとき


(本日のオススメ)+++++++++++++++++++++++++++++

 小林好みの特集 【 古き良き味 】
 会社で「小林さん向けの特集」と言われ、書店へ。「まさしく!」です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 

at 16:49, ★★★職人気質のチームリーダー, 頭の中にある氷山の一角

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 16:49, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。